白石興産そば・うどん

「そば」で生活習慣病を改善する

健康食として人気のそば

健康食として人気のそば

そばは、食品の中で唯一「ルチン」という成分を含んでいます。ルチンは、抗酸化作用、抗動脈硬化作用、血管の強化作用、インスリン分泌の促進など、忙しい現代人には嬉しい作用がたくさんあります。

また、そば粉に含まれるコリンや良質のタンパク質、豊富なビタミン類は肝臓を保護し、強化する働きがあります。
そばを常食することは、脂肪肝や肝硬変にかかるのを防ぎ、お酒が好きな方にも最適です。

そばの実

茹で汁は捨てずにそば湯としていただきましょう

ルチンは水溶性のため、そばのゆで汁に溶出しています。そのため、食後にそば湯を飲むことをおススメします。

そば湯を飲むことで、溶け出したルチンを取り込め、そばの嬉しい作用を期待できます。

塩分が気になる方は無塩タイプのそばを選びましょう。


更科五割そば田舎五割細めのそば吟熟めん本挽そば

食後はそば湯も楽しもう!

塩分が気になる方には、無塩タイプのそばがおススメです。
素材により違うそば湯の風味もお楽しみください。



乾麺ならではの、コシと喉越しの「うどん」

そば畑

日本人のソウルフード、うどん

伝来は諸説ありますが、うどんは約770年前に宋から博多へ持ち帰られたと言われています。
その後、お米がとれない地域を中心に小麦栽培が広がり、うどん文化も発展していきました。

各地には、さまざまなご当地うどんがあり、讃岐うどんや伊勢うどんなど、コシにこだわったうどんが多く見られます。

そば粉

ぐつぐつ煮ても延びにくい白石のうどん

うどんに最適な上質の中力粉を使用した乾麺うどんは、非常食としても人気があります。白石興産では、麺の太さや製法などにより、さまざまな種類のうどんをご用意しています。

特に、極太タイプのうどんは、お鍋でぐつぐつ煮ても延びにくく、お出汁を程よく吸ってくれるので、煮込みうどんにも最適です。
冬には鍋のしめとしてもご好評いただいています。


吟熟めん うどん吟熟めん 角うどん吟熟麺 丸うどん

かけうどんに煮込うどん。焼うどんにぶっかけうどん。
いろいろな食べ方が楽しめるうどんには、乾麺ならではのコシやツルっとしたのど越しも楽しめるこちらのタイプをおススメします。




Copyright© 2013 白石興産株式会社 All Rights Reserved.